みんなの盗聴器発見屋さん

プロの盗聴器発見屋さんが「盗聴の悩み」について一緒に解決!
の盗聴器の専門家に相談する

盗聴器発見業者はこう選ぼう!ちゃんとした業者の選び方を解説します

盗聴器発見の知識
2019.12.26 更新
業者を選ぶ

「盗聴されてるかもしれない…」
「調査を発見業者にお願いしたい。でも業者ってどうやって選んだらいいの?」

こんにちは。みんなの盗聴器発見屋さんのタカハシです。
今回は盗聴器発見業者の選び方についてご紹介します。

冒頭の通り、盗聴器調査を業者にお願いしようと思ったときに困るのが「どの業者にお願いしたらいいんだろう?」ということだと思います。

お金がかかることですし、お願いするならちゃんとした業者にお願いして、安心を取り戻したいですよね。

ズバリ、盗聴器発見業者は

  • ホームページの会社概要
  • 電話対応
  • 見積もり時の対応

以上3点をチェックすることで、ちゃんとした業者を選ぶことができます。
記事本文でより詳しく、各項目を紹介していきます。

この記事ではそのほか

『発見業者に調査をお願いしたらいくらかかるの?』
『発見業者にお願いすると何がいいの?』

という疑問にもお答えします。
読み終わる頃にはいい業者の選び方が分かり、盗聴の悩みの解消に向けた道筋が見えているはずです。

盗聴のお悩み、いっしょに解決しましょう。

※当社は徹底守秘、安心調査の盗聴器調査業者です。
「とにかく早くなんとかしたい!」という方はコチラ(TOPページ)からご相談ください。

盗聴器発見業者はこう選ぶ!ちゃんとした業者を選ぶ方法

冒頭でも紹介しましたが、きちんとした業者を選ぶときにチェックすべきは下記の3点です。

  • ホームページの会社概要
  • 電話対応
  • 見積もり時の対応

それぞれ詳しく解説していきますので、一緒に確認していきましょう。

ホームページの会社概要をチェック。連絡先は示されてますか?

contactと書かれた積み木

発見業者を選ぶとき、まずはホームページの会社概要をしっかりチェックしましょう。
インターネット上には、そもそも電話すらしなくていいような発見業者もあり、それらの会社は会社概要を見ると見分けることができます。

注意してみるべきは下記の点です。

  • 連絡先(電話番号)
  • 会社名
  • 所在地

特に注意して見てほしいのが連絡先と会社名。


これらがきちんと示されていないようだと、何かトラブルがあったときの対応が心配です。連絡先がわからなければ連絡の取りようがありませんし、会社名が分からなければこちらから行動を起こすこともできなくなります。

会社概要をきちんと示していない業者には、お願いしない方がいいでしょう。

電話したときはここを確認!対応に問題はないですか?

不安な顔で問い合わせる女性


ホームページの会社概要に問題がなければ電話をかけます。この時の対応もしっかり確認しましょう。

チェックすべきは下記の点です。

  • サービス内容に相違はないか
  • 不安を煽ってこないか
    例) 盗聴器が絶対に仕掛けられている、そのままでは危ない、など
  • 話していて嫌な感じがしないか
  • 対応は親切か
  • 見積もりを渋らないか

話していて嫌な感じがしないか、失礼な感じがしないかをしっかりチェックしましょう。

これまでサービスを提供してきた会社であれば、失礼にならない、相手に嫌な感じを与えないマナーを心得ているはずです。これがない場合は経験が浅いか、または細かいところまで行き届かない業者である可能性が高いです。

また、サービス内容もしっかり確認しておきましょう。特に見積料やキャンセル料についてはしっかり確認しておいてください。

もし、不信感を感じるようであれば「今回は結構です」と伝えて電話を切りましょう。

ちなみに、電話は家の外からかけることをオススメします。
もし盗聴を疑っていること、それを見つけようとしていることが犯人に知られた場合、犯人が次の行動を起こし、状況が悪化する可能性があるからです。ぜひ注意してください。

現地見積もりではここに注意!誠実に対応してくれますか?

会社概要や電話対応に問題がなければ、現地見積もりをお願いします。
ここで初めて業者と顔を合わせることになりますので、誠実に対応してくれるか、しっかりと確認しましょう。

チェック箇所は下記の通りです。

  • 不安を煽ってこないか
  • 見積もりは細かく内訳まで書いてあるか
  • 調査時に立会いできるか
  • 追加作業について、歯切れよく「ありません」と言ってくれるか
    または、追加作業が必要なとき、必ず相談することを約束してくれるか
  • 今なら半額にします等、破格な料金で契約を急かしてこないか

特に注意してほしいのが「立会いできるかどうか」です。

悪質な業者の中には、『盗聴器を自前で持ち込み、依頼主の目の届かないところであたかも発見したかのように見せかけ、高額な発見報酬を請求する』というとんでもない業者もいるからです。

トラブルを避けるためにも、調査に立ち会わせてもらえる業者を選び、調査時は実際に立ち会うことをオススメします。

また、可能であれば見積もりは複数社から取りましょう。
複数の見積もりがあると今回のケースのおおよその相場価格が分かり、高額料金を見抜くことができるからです。

とは言え、

「一刻も早く調査してもらって安心したい!」
「そんなに待っていられない!」

というのも本心だと思います。

盗聴器調査の費用にはおおよその目安があるので、それを参考に高額料金を見抜くことも可能です。
料金についてはこの後くわしく紹介しますので、ぜひご覧いただければと思います。

もし難癖をつけられたら消費生活センターに電話しましょう

業者とやりとりする過程でもし難癖をつけられた場合、またはトラブルになりそうな場合はすぐに消費生活センターに電話しましょう。局番なしで188とダイヤルすれば最寄りのセンターにつながります。

>>独立行政法人国民生活センター

悪徳業者の手口は法的にも許されるものではありません。
もしこのような業者にあたってしまったときは、毅然とした態度で対応しましょう。

依頼するなら発見業社か、探偵がオススメです

盗聴器発見をサービスとして提供している会社には

  • 探偵
  • 発見業者
  • 警備会社
  • 引越し業社

などがありますが、盗聴器発見をお願いするなら探偵か発見業者がオススメです。

引越し業社、警備会社の盗聴器調査はあくまでもオプション。メインの仕事は引越しや警備であって、盗聴器調査ではありません。探偵や発見業者の方が総じて、盗聴器調査についての情報やスキル、機材を持っていることが多いのです。

「引越しをするタイミングで、必要最低限の調査がしたい」
「もし盗聴器があるなら身辺警護もお願いしたい」

という場合なら一緒にお願いするのもいいと思いますが、そうでないのなら探偵か発見業者にお願いするのがいいでしょう。

費用はどれくらいかかるの?発見業者にお願いした場合の費用の目安

盗聴器発見の費用は、一軒家:10万円〜、集合住宅:2万円〜、車:2万円〜が目安

電卓と1万円札

ここでは盗聴器調査費用の目安を紹介します。

業者さんにもよりますが、住宅の場合は20平方メートルにつき2万円前後が目安となります。
下記は一般的なお家や車を調査した場合の目安です。

  • 一軒家(100㎡):10万円〜
  • マンションアパートなどの集合住宅(20㎡):2万円〜
  • 車両の盗聴器調査:2万円〜

上の料金はあくまで目安の金額になっています。家の広さやどこまで調査するかで料金は変わるので、正確な金額は見積もりでしっかり確認するようにしましょう。

多くの業者さんで見積もりやその後のキャンセルが無料です。正確な金額を知るためにも、まずは見積もりしてみることをオススメします。

 
※お見積もりのご依頼はコチラ(TOPページ)からご相談ください。

プロの調査はここが違う。業者に盗聴器調査をお願いする3つのメリット

バインダーを持った業者

プロに盗聴器調査をお願いした場合のメリットは次の3点です。

①盗聴器の有無がより確実に分かる
②発見器を購入し、操作を学ぶ必要がない。電話一本で完了
③もし発見された場合、その後のフォローもできる

それぞれ詳しく解説していきます。

①盗聴器の有無がより確実に分かる

業者に調査をお願いすると、盗聴器の有無がハッキリし、安心することができます。

盗聴器発見業者は高度な専門機材のほか、調査のノウハウも持ち合わせています。
業者にお願いすると盗聴器の有無がハッキリし、本当の意味での安心を得ることができるのです。

自分で調査した場合、盗聴器が見つからなかったとしても、

「調査のやり方を間違ってしまったんじゃないか」
「本当はまだ盗聴されているんじゃないか」

と心配になってしまうのではないでしょうか。

盗聴器発見業者はこれまで培った調査のノウハウがあり、かつ難しい機材の扱いにも慣れています。
仮に盗聴器が見つからなかったとしても、確実な調査によって盗聴の不安を解消することができるのです。

②発見器を購入し、操作を学ぶ必要がない。電話一本で完了

業者にお願いすると電話を一本かけるだけで完了しますが、自分で発見器を用意して調査する場合はそうはいきません。

発見器を買い、説明書を見て操作を学び、自分で調査する必要があります。

弊社にご相談を頂いたお客様からも

「発見器を買って調査してみたけど、うまく調査できなかった。早く電話すればよかった…」

と言われることがよくあります。

発見業者に依頼する方が、ラクに、簡単に調査を完了することができるのです。

③発見された場合、その後のフォローもしてもらえる

調査の過程で盗聴器が発見された場合、発見業者はその後のサポートも行います。
盗聴器が発見された場合には『本当の意味での解決』に向け、下記のような対応が必要になります。

  • 盗聴器の撤去
    →コンセント裏などであれば資格が必要なので電気屋の手配も必要
  • 警察への相談
  • 被害届の提出
  • 再発防止

自分で発見器を用意して調査した場合、これらも全て自分で行う必要があります。

盗聴の問題は盗聴器を見つけて撤去しただけでは解決したことにはなりません。
自分で調査するときは、ここまでやらなければいけないとうことを頭に入れておきましょう。

まとめ:まずは見積もりから

この記事で紹介したことをおさらいしておきましょう。

  • きちんとした業者を選ぶために、下記の3点をチェックする
    • ホームページの会社概要
    • 電話対応
    • 見積もり時の対応
  • 盗聴器調査費用のおおよその目安は下記の通り
    • 一軒家:10万円〜
    • 集合住宅:2万円〜
    • 車:2万円〜
  • プロに盗聴器調査をお願いするメリットは下記の通り
    • 盗聴器の有無がより確実に分かる
    • 発見器を購入し、操作を学ぶ必要がない
    • 発見された場合はその後のフォローもしてもらえる

先にも説明したように、家の広さ、また家のどこまでを調査されるかで費用は変わります。まずは見積もりをしてみることをオススメします。

依頼するときはこの記事を参考に、いい業者を選んでくださいね。
盗聴の悩みが1日も早く解決することを願っています。

みんなの盗聴器発見屋さんは徹底守秘、安心調査の盗聴器調査業者です。

お困りの際はどんな小さな不安でもかまいませんので、ぜひご相談ください。

▼電話でのお問い合わせ▼
0120-769-160
※無料相談・年中無休

▼メールフォームでのお問い合わせ▼
https://mintocho.com/contact/
※情報はSSL暗号化通信で保護されます。

盗聴器発見の豆知識一覧
盗聴の危険から
あなたを守ります
徹底守秘の盗聴器調査20,000円〜
専門家が最短30分で駆けつけます。
詳しく見る